賃貸物件探しのコツは何?

単身用の賃貸物件を探す際に重視したいことを、紹介いたします。家賃、構造、設備、インフラ、階数など

賃貸物件探しのコツは何?

単身用賃貸物件について

単身用の賃貸物件を探す際に、気をつけたい項目をまとめます。家賃相場について、自分が支払える決まった家賃の価格帯があれば、その範囲内で探すとなると、地域が限られてきますので、家賃相場が高い地域で無理矢理に希望家賃の物件を探すことは、相当困難で、時間の無駄ですのでやめておきましょう。次に構造について、木造や築年数の古い鉄骨造のアパートは敬遠しましょう。かなりの確率で騒音トラブルに巻き込まれる可能性が高いので、出来れば鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建物に限定しましょう。

階数について、1階はなるべく避けましょう。2階の住人の足音などが騒音問題に発展したり、防犯上のリスクも高いため、安心して生活するためには2階以上の物件をお勧めします。インフラについて、未だに都市ガス設備が整っていない住宅が存在しており、こういった物件ではプロパンガスを使用せざるを得ませんので、高額な光熱費になるため、お勧めできません。また、換気設備がなく、通風に問題のある物件は光熱費も高くなる傾向にあるため、内見の際には風通しについてチェックしましょう。

最後に出来るだけ、朝昼晩の環境をチェックすることが重要です。昼間は静かでも夜は周辺道路がうるさいなどの時間的環境変化を把握しておくことが、入居後のミスマッチを防ぐ重要な要素です。

Copyright (C)2017賃貸物件探しのコツは何?.All rights reserved.