賃貸物件探しのコツは何?

賃貸で残置物は前の入居者が購入して設置したものをそのまま物件においていったものになっている

賃貸物件探しのコツは何?

賃貸で残置物について

賃貸物件はエアコンや照明やコンロや給油器などいろいろな設備がありますが、そうした設備は契約の時にもらう重要事項説明書にその一覧がついています。そうして、中には実際の物件にはついているのに、重要事項説明書には記載がない設備といったものもあります。それはいったい何なのかといえば、正体は残置物で、前の入居者が購入して設置したものをそのまま物件胃置いていったものです。そして、こうしたもので多いのは照明やエアコンなどですが、おそらく次の引っ越し先の物件で、そうした設備があったので、そのまま置いていったといったことになるでしょう。

そして、もしも設備が壊れてしまったとき、それが故意や過失によるもので鳴ければ入居者の負担はゼロで修理してもらえて、それは設備の所有者が物件の所有者と同じ貸主だからです。そして、逆にいうと入居者は設備が壊れてしまったときは勝手に修理することができず、必ず不動産会社に連絡をしていくことになります。そして残置物は前の入居者が置いていったものなので、貸主の所有物ではなく、壊れても貸主の負担で修理してくれることはないですが、そのまま使い続けたければ、自分の責任で業者に依頼をして修理してもらうことになります。

Copyright (C)2017賃貸物件探しのコツは何?.All rights reserved.