賃貸物件探しのコツは何?

賃貸住宅には原状回復義務があります。敷金を少しでも多く返還されるよう、退去時には念入りに掃除をしましょう。

賃貸物件探しのコツは何?

賃貸住宅を退去する際は念入りに掃除を

賃貸住宅を退去する時は、借主には原状回復義務があります。原状回復義務とは、部屋を借りた時と同じ元の状態に戻す義務のことです。しかし部屋は住んでいれば汚れますから、元の状態に戻すことなどできません。ここでいう元の状態とは、通常の使用で起きる損傷を超える傷や汚れのことです。借主の故意・過失によってこのような損傷があれば、それを修復する義務があります。しかしそれは借主が業者を呼んで修繕するということではありません。通常は業者を呼んで修繕するのにかかる費用を負担する、という形をとります。

賃貸住宅を借りる時には敷金を預けていることが多いので、通常はその中から差し引きされることになります。つまり敷金は借主の故意・過失による損傷がなければ全額返還され、そうでなければその分が差し引かれて返還される、ということです。つけてしまった傷はどうしようもありませんが、汚れは念入りに掃除すれば目立たなくできます。つまり退去が決まったら徹底的に掃除をすることで、返還される敷金の額を少しでも多くすることができます。例えば風呂場のカビや水まわりの水垢などは借主の過失による汚れと判断されますので、市販の洗剤、クレンザー等を使って掃除しておくとよいでしょう。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件探しのコツは何?.All rights reserved.