賃貸物件探しのコツは何?

賃貸住宅は上階になればなるほど賃料が高くなっていく傾向にあります。それは何故なのか解説してみました。

賃貸物件探しのコツは何?

賃貸住宅の上階と下階について

ネットや情報誌で賃貸物件の情報を見ていると、一階よりも二階が、また二階よりも三階がといったように、階を上がるにつれて賃料も上がるという賃貸住宅がほとんどです。高層マンションなどでは、最上階の値段と低い階層の値段がかなり大きく違ってきます。これはどうしてなのでしょうか。

高い階層の住宅というのは、まずそれだけの人気があります。とくに高層マンションの最上階ともなると、その眺望がそれ自体かなりのセールスポイントとなるのです。美しい景色はいつの時代も人々の感興をそそります。高層階は眺望が低層階とはまったく違うのです。それから防犯面でも安心できます。高い階層になればなるほど、空き巣などの被害は減っていきます。防犯の観点から言っても、高層階は優秀であると言えるのです。それから上階は、騒音を気にすることが少なくなります。下階であるとどうしても上階の住人の足音だったりが気になるものです。上の階に住めば、そうした懸念も解消され、したがって人気が高いのです。

ただし、下の階も魅力がないわけではありません。前述のとおり、下階は上階に比べて賃料が安い傾向にあります。騒音や防犯上の観点から見れば確かに上階の方が優れていますが、下階はこうした賃料の安さ、それから階段を上ったり下りたりなどの苦労もなく、暮らしやすさなどが魅力であると言えるでしょう。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件探しのコツは何?.All rights reserved.