賃貸物件探しのコツは何?

賃貸物件情報でアパートとマンションの違いについて書いています。徒歩での移動時間は実際な歩いてみるのが賢明。

賃貸物件探しのコツは何?

賃貸物件の表示の疑問

賃貸物件を探す時、不動産屋に行って間取り図を見ると、アパート、マンションの種類が書かれていますが、違いをよく知らなかった私。何となく古くて2階建て位のものがアパートで綺麗で頑丈そうなのがマンションというイメージ。実際調べてみると、マンションとアパートの明確な定義は存在しないとのことです。不動産屋がどっちかを区別しているのだそうです。一般的には鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造のものをマンションと呼び、2階建て以下で木造や鉄骨で造られ手いる建物をアパートと呼んでいるようです。建物を支える部分にコンクリートを使っているかどうかが判断の基準に。ハイツやコーポとつくとアパートのイメージが強い感じがするのですが、マンションにもつけられる名前なんだそうです。

物件情報で気になる表示、駅から徒歩何分というもの。一分を80メートルと考えて表示しているのだそうです。途中に踏み切りがあったり、信号があっても待ち時間は入っていないため実際に歩いてみるともっと時間がかかることも少なくないようです。また、通勤などの交通手段でバスや電車を使う方は、自分の生活スタイルに合った手段があるかどうかも確認。車を使用する方は、一方通行の道路が多い場所だと遠回りをしなくてはならなかったり、不便な思いをすることもあるので要チェックです。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件探しのコツは何?.All rights reserved.