賃貸物件探しのコツは何?

賃貸で入居審査に受かれば最終的な契約にはいり、申し込みはリスクなしでキャンセルできますが、契約後は違う

賃貸物件探しのコツは何?

賃貸で入居審査をしていく

賃貸で入居審査では、入居者の職業や、年齢や連帯保証人の職業や年齢や年収まで具体的な記入が必要となり、それをもとに大家が入居可否の判断をしていいます。そしてここを通らなければ、内見や申し込みが無駄になるわけですが、定職について、連帯保証人にも問題がなければたいていは通ります。そして入居審査も通常数日程度ですから、申し込み後2日後、早ければ翌日には結果が出ます。そして、晴れて入居審査に受かれば今後は最終的な契約に入り、申し込みはリスクなしでキャンセルすることができましたが、契約後は違います。ハンコを押して契約をした後のキャンセルはいろいろな違約金が発生しますから契約をしたら後には引けないと考えましょう。

そして個々で契約に必要な各種費用ですが申込金は申込時に一時的に不動産屋へ預けるお金で申し込みをキャンセルした時は返金されます。そして申し込みご契約するまでに至った時は、契約痔にかかってくる費用と申込金が相殺されます。そして申込金は通常1万円程度を不動産屋へ支払って行きますが、申込金を払ったときは、かならず領収書などの支払った記録が残るものを載らっておきます。そしてそうはいないでしょうが、不動産屋によっては預けた申込金をもらってないものとするような負相談もいますから、注意しましょう。

ピックアップ

Copyright (C)2017賃貸物件探しのコツは何?.All rights reserved.